9月23日は不動産の日!

東京本店の入江でございます。急に秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私の方は、柄にもなく芸術の秋。趣味がクラッシック鑑賞ということもあり、コロナが落ち着きを見せるのを期待してチケットを取ったりしています。

ところで、9月23日は「不動産の日」であることをご存じでしたか?

秋は不動産取引が多くなることと、「2(ふ)10(どう)3(さん)」の語呂合わせから、昭和59年(1984年)に全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が定めました。

不動産の日においては、この日から2か月ほど「不動産の日アンケート」を実施しているようです。

昨年のデータにはなりますが、やはりコロナウィルスの影響が影を落とす内容となっておりました。気になる項目としては、つぎのとおり。

◆ 新型コロナウイルスの影響で導⼊を検討・実施した住まいの設備は「インターネット(Wi-Fi)環境」がトップ

→東京本店でも、リモートワークを実施しております。こういう時に、インターネットの通信速度が非常に気になってきます。

◆「買い時だと思う」17.3%(+4.3pt)/「買い時だと思わない」25.5%(-3.4pt)

◆ 新型コロナウイルスの影響により「既に住み替えた」3.1%、「住み替えを検討した」6.3%

アンケート結果からみると、住宅の購入や住み替え需要は高まっているようですね。昨年はステイホームが叫ばれていましたから、自分の住環境も充実させたいという人が増えたということでしょうか。
国税庁が毎年7月に発表する路線価(相続税・贈与税の土地評価の算定基準となるもの)が、全国平均が6年ぶりの下落、東京も9年ぶりの下落してニュースになりましたね。オリンピック後は景気が後退するので、家を買うタイミングであるという記事もよく目にします。また、各種住宅ローン減税や住宅取得のための支援制度が充実しているのも一つの理由のようです。数年前に住宅ローンの低金利化がちょっとしたブームだったこともありました。今現在はそこまで競争が激化しているわけではないものの、やはりタイミングと考える方も多いようです。

以上、秋といえば、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋など様々ございますが、自らの生活環境についても考えてみるきっかけにしてみようかと思います。皆様はいかがですか?

参考:住居の居住志向及び購買等に関する意識調査(2021年1月( 公 社 ) 全国宅地建物取引業協会連合会)https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2021/02/2020-fudousan-anke-to.pdf

1 いいね!
読み込み中...

残暑お見舞い申し上げます。

東京本店の入江でございます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

都内では、オリンピックの終幕に一足遅れて夏の暑さが和らいできました。といっても、この記事を書いている今日現在は30度を超えている暑さです。
暑い日が続いたと思ったら、1週間連続で雨が続くなど、なかなか外に出るのが億劫になる日が続きますね。

 

 

そんな中、今回お勧めしたいのが、進化を続ける東京シルバーライフ協会のYouTubeチャンネルです。昨年の秋ごろ、YouTubeチャンネルを始めました!!とブログを書き始めてから、半年ほどになりますか。動画数もふえ、チャンネルの再生数も1000回を超えてきました。

 

開始当初は、弊社の提供するサービスの概要を、
画面越しを通じてご説明するという内容でしたが、登場人物に「すてきなおばあさん」が登場して、いろいろ質問を投げかけていらっしゃいます。
「すてきなおばあさん」のご質問に対して、スタッフが具体的な事例をあげながらお答えをする形式になっています。
東京本店に限らず、ほかの店舗でも比較的好評の様子です。

 

直近の動画では、この記事のタイトルの通り「暑中お見舞い申し上げます」としております。本来であれば、皆様の方に身を寄せ、ご様子などお伺いすることもあるのですが、新型コロナウィルスの感染者数が高止まりし、緊急事態宣言の延長が続く今日においては、直接お会いすることもままなりません。
そのような中でも、少なくともこれらの動画を通じて私共の息遣いだけでも届けばいいなと思っております。

 

そういえば「暑中見舞い」というのは、実は立秋を過ぎると「残暑見舞い」に代わるのだそうです。暑さ寒さも彼岸まで。もう少しで過ごしやすい秋の季節がやってくるのですね。

変わりやすい天気が続いております。くれぐれもお体には気を付けてお過ごしくださいませ。

 

 

10 いいね!
読み込み中...

オリンピック開幕しました!!

こんにちは。東京店の入江でございます。いかがお過ごしでしょうか。

いよいよ、待ちに待ったオリンピックの開催でございます。
今回は、私が住んでいる街からベストファーム東京事務所に勤務するときに見つけた、オリンピックのサインや施設をご紹介します。

1.葛西臨海公園(東京都江戸川区)
私は、都心に向かうのに京葉線を使用しています。
途中、葛西臨海公園では、カヌー競技のスタジアムが見えました。
ヌースラロームセンターという名称がつけられており、予定では、7月25日から30日にかけて男子、女子それぞれ2種目ずつの競技が行われるそうです。
その名の通り、東京湾をまじかで体感できるスポットで、関東一ともいわれる観覧車でも有名なところです。

2.夢の島公園(東京都江東区)
 夢の島公園では、アーチェリーの会場があります。
こちらも都立の公園ということで、私も何度となく訪れたところでもあります。
今回は駅構内からの撮影となりましたが、本当に目と鼻の先にあるような感じがします。また、この近くには、陸上競技場もあり、私も高校時代に長距離走の記録会などでお世話になったことがあります。
 その他、線路の反対側には、辰巳国際水泳場や新しくできたアクアティクスセンターなどもあります。

3.東京国際フォーラム(東京都千代田区)
 東京国際フォーラムでも、ウェイトリフティングの協議が行われる会場となっています。普段は乗換をする際に身近にある東京国際フォーラムですが、現在は中を通り抜けることができなくなっております。

 

ほかにも、挙げればきりがないのですが、私の通勤経路だけでこんなにもオリンピックが身近に感じられ、非常に幸せに思います。
本当であれば、チケットを買って観戦でもしたいところでしたが、無観客開催となりましたので、テレビ画面を通じて応援をしていきたいと思います。

いつもとは違うオリンピック、どんな感動が生まれるか楽しみですね!

11 いいね!
読み込み中...

東京本店に新しいスタッフが増えました

こんにちは。東京店の入江でございます。いかがお過ごしでしょうか。

6月になりました。
東京では、6月に入ると梅雨が始まり、およそ1か月半ほど続きます。

と、本来は書き始めるはずなのですが、関東地方はまだ梅雨の気配もな梅雨のイラスト「紫陽花」く、本日も夏を思わせるような晴天です。
道端のアジサイは割と赤、青、紫と色とりどり咲き誇っていますが、6月らしい風情を感じられるのはもう少し先の様です。
やっぱりオリンピックを迎えるのであれば、このような晴天が続いていってほしいのは言うまでもないのですが。。。

さて、前回のご紹介に続き、今月も新しいスタッフが加入しました。

司法書士の資格を有している後藤さんです!
インタビューとともにご紹介させていただきます。


東京事務所 第2グループ 後藤 

①ご出身はどちらですか?その魅力は何ですか?

宮城県塩釜市です。

海鮮グルメの町です。美味しいお寿司屋さんがたくさんあります。

②ベストファームグループをどこで知りましたか?入社の決め手はなんですか。

新しいことにチャレンジしていく社風に惹かれて入社しました。

③主な業務は何ですか?

登記業務全般を担当しています。

④オフの過ごし方は?

ジムに行って運動するのが好きです。季節のいい時期はジョギングするのを日課にしています。

⑤最後に抱負をお願いいたします。

お客様、一緒に働く仲間に、小さな仕事でも「この人に任せてよかった」と思っていただける社員として成長していきたいと思っております。

 

ベストファームグループ、特に東京事務所においては、やはり東京シルバーライフ協会のイメージ強いところと存じます。しかしながら、「トータルソリューションファーム」を目指す当グループとしては、相続登記をはじめとした各種手続きにも強いグループです。新しいスタッフともども、どうぞよろしくお願いいたします。


東京シルバーライフ協会のYouTubeチャンネルも好評更新中!

さて、上記のように東京シルバーライフ協会では、
YouTubeチャンネルを開設しています。

もちろん、これだけではなく、シルバーライフ協会もスタッフブログがあります。

東京シルバーライフ協会 スタッフブログへ

スタッフ内部でも、好評の記事がありました。こちらの方は、次回詳しくご紹介いたします。

それでは。

9 いいね!
読み込み中...

東京本店も新しいスタッフを紹介します♪

東京事務所の入江でございます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
東京の木々の緑もだんだんと色濃くなってきました。
緊急事態宣言の真っただ中ではありますが、新入社員のようにさわやかな心持ちにて業務に励んでおります。

さて、東京事務所にも今月から(正確には3月中旬からですが・・・。)新たな仲間が増えました。新年度を迎え、さらに活気づいている東京事務所にあって、今回はその2名をご紹介いたします。

今回の質問内容はこちら!

  1. ご出身はどちらですか?その魅力は何ですか?
  2. ベストファームグループをどこで知りましたか?入社の決め手はなですか。
  3. 主な業務は何ですか?
  4. おうち時間の過ごし方は?
  5. 最後に抱負をお願いいたします。

東京事務所 第3グループ 安 藤 さん

 

  1.  千葉県流山市。つくばエキスプレス開通以来、開発と人口の流入が活発。利根川と江戸川を結ぶ「利根運河」沿いは、自然が多く、ジョギングにも気持ちの良いエリアです。
  2.  ハローワークです。ホームページを拝見し、大変充実しているところから、入社後も充実した仕事ができると思いました。
  3.  オーカスタイルの業務を担当しております。お客様の言葉を心を込めて聞き取り、最高の契約ができたと好感を持っていただけるよう誠心誠意努めます。
  4.  おおむね、子供と楽しく遊ぶか、何をして遊ぶのが楽しいかを考えています。
  5.  お客様には心から喜んでいただき、そして私も心から喜んで取り組める、そんな最高の仕事をしていきたいです。

東京事務所 第3グループ 笠 井さん

 

  1.  東京都杉並区
    水あり緑あり、源義家ゆかりの鎮座970年になる大宮神社あり、弥生時代の遺跡あり、と歴史を感じさせてくれる街だと思います。
    川沿いには整備された散歩コースがあり、春の桜をはじめ四季折々の自然を味わうことができるスポットも充実しています。
  2.  転職サイトで知りました。入社の決め手は、ホームページを拝見し、企業理念、行動指針に感銘を受け、また、面接時の真摯なご対応に、自分の次に勤める会社がこの会社であればよいなと感じたからです。
  3.  オーカスタイルの新規契約を担当します。
  4.  若いころは大嫌いだった活字に向き合い、約2年前から読書を続けています。
  5.  遅れてきた新人ではありますが、追いつき追い越せの精神で早く業務に合流して皆さまと協業できるように努めてまいります。ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

 


 

お二人は、ご高齢の方のための身元保証・任意後見サービスを提供する「オーカスタイル」を取り扱う部署で新規契約の担当をいたします。皆様のところへご訪問するかもしれません。ぜひ、お顔を覚えて頂きますよう、よろしくお願いいたします。

それでは。

東京シルバーライフ協会のYouTubeチャンネルも好評更新中!

7 いいね!
読み込み中...

今年の桜は早いですね!

こんにちは。東京店の入江です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

4月といえば、新入生・新社会人の季節です。
といえば、切っても切れない関係となるのが「さくら」ですよね。というわけで、柄にもなく「さくら」フォーカスを当ててお話をしたいと思います。

東京のソメイヨシノの開花は、全国的にも早いほうです。
例年なら3月中旬に開花し、満開となるのは大体3月の下旬から4月の初旬ですが、今年は東京で観測史上最速の開花宣言となった2020年に並ぶスピード開花でした。

東京本店から、南に下がっていきますと、靖国神社があります。この靖国神社には境内にソメイヨシノの標本木があります。

これを機に、店舗周辺の桜の名所についてご案内いたします。

>先ほどもお話しした通り、東京での桜前線の標本木は、2021年現在、靖国神社の境内にあるソメイヨシノの木となっています。

気象庁の「生物季節観測指針 」によると、
「生物季節観測の目的から、観測はできるだけ自然の状態におかれている生物を対象とし、人手を特別に加えたもの、例えば鉢植え、温室などの栽培植物などは観測の対象としない。」
特に事務所のある千代田区では、丸の内、大手町を代表するように、数々の高層ビルが立ち並んでいるところもありますが、皇居の内部やその周辺などは、都市開発が行われにくい場所でもあるため、都会の喧騒とは一線を画すような公園などが広がっております。しかもかなり広い範囲にわたっているところも驚きです。
そういう意味では、都心のど真ん中にもかかわらず、今後も都市開発の対象となりにくいエリアということで、皇居周辺にあたる、標本木が定められたのではないかと考えられます。

そんな中、お勧めしたいのが、飯田橋駅西口付近、「サクラテラス」を中心とした「牛込見付跡」お濠沿いの桜です。

「三代将軍徳川家光の頃、寛永13年(1636年)、江戸城最後の工事としてこの外堀が造られ、神田川へとつながりました。長延寺谷が主に利用され、掘り取った土は、九段、麹町、番町などの高台に積まれて土塁にされました。
堀には石垣を築き、要所には城門が設けられ、門には見附番所が置かれて門番が警備にあたりました。外堀は、現在よりも深く広かったといわれています。明治以後、外堀の一部は中央線の敷地となり、太平洋戦争後はさらに埋め立てられて『外濠公園』ができました。 」

この、城門の跡については、飯田橋口西口から南に坂を上ったところにも見られます。いわゆる「牛込見付」です。現在では四つ角に交番が立っており、昔の江戸を彷彿させる光景となっています。

写真を撮った3月中旬の写真でもうすでにこの状態。
正直な話カメラが追いつくかどうかすごく不安でしたが、桜のタイミングが少しずつずれているようで、ちょっとしたうつろいを楽しむことができました。それでは。

 


東京シルバーライフ協会のYouTubeチャンネルも好評更新中!

7 いいね!
読み込み中...

東京事務所開設10周年に寄せて

皆様お元気でお過ごしでしょうか。東京店の入江でございます。

東京では、現在緊急事態宣言のさなかではありますが、事務所員一同、引き続き健康を維持しながら業務を進めております。

さて、2021年もはや3月となりました。今月は、この飯田橋の地に東京本店を構えて10周年を迎えることとなりました。東京本店は、千代田区を中心として、司法書士・行政書士等の専門家が在籍し、各種法的手続き業務をワンストップで対応しております。
今回は、そのマネージャーを務める髙橋よりご挨拶いたします。


この度、ベストファーム東京本店は、現在の所在地である千代田区・飯田橋に移転して10周年を迎えることとなりました。移転以来、大変多くのご相談を頂戴し、また関係各所様から多大なご支援を賜り、従業員一同心より御礼申し上げます。

東京本店は高齢者事業に特化したサービスをご提供しています。

日本は「高齢化社会」「高齢社会」を超え2007年に「超高齢化社会」とな

りました。都市部、地方に関わらずお一人様のお悩みや相続問題に対してベストファ

ームの特色を活かした支援を行うべく、前身である豊島区・池袋の事務所からこの飯田橋へ移転したと同時に、これまでの士業業務に加えてご高齢者様の身元保証業務をスタートいたしました。

最初はノウハウもなく五里霧中で業務を行っていましたが、関係者の皆様のお力添えもあり、少しずつ良いサービスに近づけていくことができ、今では年間400件以上のお問い合わせを頂戴しております。

ご高齢者様を取り巻く環境は日々複雑化しており、社会問題にまで発展しています。そこに人口減少や核家族化の加速等も相まって、一つの士業だけではとても解決しきれない問題が年々増加しております。

ベストファーム東京本店ではそういったご高齢者のお悩みを、お客様の期待の

一歩先を見据えて解決し、お客様にとって価値のあるサービスをこれからもご提供出来る、トータルソリューション・ファームとなることを目指して従業員一同邁進してまいります。

これからも何卒宜しくお願い申し上げます。


気が付けば、春もすぐそこまでやってきております。来月は桜の便りもお届けできそうです。皆様お身体に気を付けてお過ごしくださいませ。


東京シルバーライフ協会のYouTubeチャンネルも好評更新中!

12 いいね!
読み込み中...

東京シルバーライフ協会YouTube

皆さま、こんにちは!
東京本店の入江でございます。
本年もベストファーム東京本店をどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、初夢は見られましたでしょうか。ご存じの通り「一富士二鷹三茄子」と呼ばれるように、初夢で縁起のいいものを見るとその一年が幸運に恵まれるといわれいますが、ここで「茄子」という野菜は「成す」にも通じ、その夢がかなうことを暗示しているとのことです。

さて、ベストファームグループでは期⾸である10月に1年の業務計画を立てており、東京本店でも各業務グループで計画を立ててその⽬標に向かって業務を遂⾏しております。
その中で、東京シルバーライフ協会の業務を担当するグループでは、弊社の商品である「オーカスタイル」についてのメールマガジンを配信、はたまた、WEB動画の撮影を準備するなど様々な取り組みを実施しております。
このうち、本日はWEB動画の作成について、レポートします。

続きを読む 東京シルバーライフ協会YouTube

11 いいね!
読み込み中...

東京本店はどんなところにありますか?

都心から離れたところに住んでいる皆様にとっては、疑問をお持ちの方も多いところと存じます。今回は東京本店のある「飯田橋」について紹介したいと思います。

飯田橋の街並み

飯田橋を上から

あ、ご挨拶が遅れました。東京店の入江です。今回もごひいきに。

さて、「飯田橋」の橋そのものは、江戸城の外堀にかけられた橋の一つでした。明治14年に新たに外濠を跨ぐ橋として架けられ、「飯田橋」と命名されたとされています。数回の改良を経て、現在に至る「飯田橋」。現在では、皇居から延びる「目白通り」の一部となっており、従って、橋の全体像をきれいに写真に収めるには難しいです。それだけこの地区の交通の要となっている橋でもあります。
なお、この橋の名前がそのまま町の名とされたのは昭和41年だそうです。

手前の石の欄干が飯田橋のものです。


では、「飯田」という名前はどのような由来があるのでしょうか。

歴史上、この地にて「飯田橋・飯田町」という名前が出てくるのは、江戸時代に入る直前、「天正」という時代まで遡ることになります。

徳川家康が江戸に入府した際、千代田村とその周辺の視察をした際に案内役を買って出たのがこの土地の住人「飯田喜兵衛(イイダキヘイ)」という男性だったそうです。この喜兵衛という男性は、千代田村周辺を懇切丁寧にもてなしたといわれております。


このことに感銘を受けた家康は、彼を名主に任命し、場所の名前を飯田町としたといわれています。最も、この名前が正式な町名となったのはそれから200年後の明治に入ってからと言われています。

この地には、有名なところですと、事務所のすぐ裏手には、縁結びの神様といわれる「東京大神宮」が、また15分ほど南に下がれば言わずと知れた「靖国神社」も参拝することができます。ちょっとしたパワースポットともいえるのではないでしょうか。


一般的に、「東京」にある地名をあげてくださいとの質問に、出てくる答えとすれば「銀座」、「新宿」、「渋谷」、「品川」・・・。

橋の近くに、黄金色のきれいな木が植わっていました。
飯田橋周辺

福島から東京までは、新幹線で1時間と少し。東京そのものには、観光・ビジネスも含め何回もいらした方も多いと存じますが、私たち東京事務所のある「飯田橋」という地名はなかなか出てこないと思います。

そんな皆様にも、この記事をご覧になり「東京」といえば「飯田橋」、「飯田橋」といえば「ベストファーム東京本店」と連想していただければと思います。

春になれば、飯田橋から神楽坂にかけては桜の名所に早変わりします。こちらも時期になりましたらご紹介いたしますね。お楽しみに。

 


※参考文献 江戸・東京 歴史さんぽ2 千代田区・文京区・新宿区(2019)
千代田区町名由来版:飯田町https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/bunka/bunka/chome/yurai/idamachi.html
千代田区町名由来版:飯田橋https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/bunka/bunka/chome/yurai/idabashi.html 

16 いいね!
読み込み中...

東京事務所周辺のイルミネーション紹介

こんにちは。東京店の入江です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年も残すところ1か月、世界中でいろいろと暗いニュースが多かった気がします。来年こそは穏やかな一年であってほしいと願うばかりです。

さて、明日から12月🎄
クリスマスや年越しを意識して、様々なところでライトアップがされています。今回は、その中でも特に東京事務所周辺で、おそらくは穴場ではないかとおもわれるものをいくつか紹介いたします。
師走の折、ぜひ癒されてみてください。

 

*東京駅周辺

まずは、東京駅の駅前広場をご紹介いたします。

東京駅開業100周年をもとに、丸の内側のロータリーが整備されて現在の形になりました。
一度はカウントダウンが消えた東京オリンピックのモニュメントも動き出しました。

 

特におすすめなのは、駅舎を背にし、目の前に広がる行幸通りです。
ライトアップされるとこのようになります。

この辺りは付近一帯となって幻想的な雰囲気となりますので、なかなかのおすすめです。

 

もう一つご紹介したいのが、当事務所からすぐのところにある一体です。

*飯田橋西口周辺

このエリアは、お堀沿いに桜並木が広がる、都内でも有数の桜の名所となりますが、普段はいわゆる高層ビルと、低層の建物が混在する商業地域です。ですが、夜になると・・・。

 

 

付近の道路とともに、通常の白熱灯の電飾とあわせて、桜色のライトもともります。必ずしも大きな塊でというわけではありませんが、なかなか見ごたえがありますよ。

というわけで、事務所付近のイルミネーション紹介でした。
来年は穏やかな一年になりますように。

 

 

12 いいね!
読み込み中...