ホーム

ニュースリリース

会社情報

サービス

取り組み

採用情報

サービス

サービス

不動産登記のことなら、まるごとお任せ下さい。

不動産登記のことなら、まるごとお任せ下さい。

権利の登記を扱う司法書士と表示の登記を扱う土地家屋調査士がグループ内に在籍しており、土地測量、現況の調査から登記の手続きまでワンストップで行う事が可能です。
これによって複数事務所を訪問する煩わしさや余計な費用がかかることはありません。


司法書士

不動産(土地・建物)に関する所有権、抵当権、地上権等の各種権利関係を申請する登記を扱います。


土地家屋調査士

不動産(土地・建物)の物理的状況を調査・測量して申請する登記を扱います。また、境界確定によって、自分の土地と隣の土地との境界を明らかにし、お互いの所有権の範囲を明確し、土地の維持管理をしたり、境界をめぐるトラブルを防ぎます。

建物新築時の手続き をワンストップ対応(一例)


不動産購入時の手続き をワンストップ対応(一例)

手続き一覧

お客様の状況に合わせて、複数資格者が関わる問題・手続きをワンストップでご対応致します。

不動産の状況 必要な手続き 対応する専門家
建物新築したとき 境界確定 土地家屋調査士
建物表題登記
所有権保存登記 司法書士
抵当権設定登記
不動産を売買したとき 境界確定 土地家屋調査士
所有権移転登記 司法書士
不動産を相続・贈与したとき 所有権移転登記 司法書士
不動産を担保にお金を借りる 抵当権設定登記
不動産を担保に借りたお金を返す 抵当権抹消登記
土地を分けたいとき 土地分筆登記 土地家屋調査士
境界確定
複数筆の土地を一筆にまとめるとき 土地合筆登記
土地の利用状況が変わったとき(例:山林→宅地) 土地地目変更・更正登記
登記簿上の土地面積と実際の面積が
違うとき
土地地積更正登記
建物を取り壊した(または焼失した)とき 建物滅失登記
建物の増築により床面積が増えたり、建物の用途を変更したとき または物置などの付属的建物を建てたとき 建物表題変更更正登記