家族信託サポート
 >  > 家族信託サポート

家族信託サポート

 

親が認知症になってしまう場合に備えて
収益不動産管理リスクを回避する方法
認知症になり本人の意思判断能力が低下することで、資産管理に問題が生じてくる可能性があります。お早めに不動産経営の承継を行いましょう。

 

認知症になり本人の意思判断能力が低下することで、資産管理に問題が生じてくる可能性があります。
お早めに不動産経営の承継を行いましょう。

このようなお悩みはございませんか?

  • 万が一認知症になった場合の不動産管理(賃貸借契約や修繕)ができなくなってしまう
  • 将来、親名義の不動産を売却し介護費用にあてたいけど、認知症になってしまったら・・・

ご高齢オーナーの不動産賃貸経営の将来のリスクとは?

昨今、健康志向の高まり、医療技術の進歩等により、平均寿命は伸びています。 一方で、健康寿命と平均寿命の差は縮まっておらず、10歳もの差があります。
10年もの間介護が必要な状態になると、医療費や介護費用の増加により、家計を圧迫してしまう恐れがあります。
また、厚生労働省研究班推計資料(2013年)によると2025年には65歳以上の5人に1人が認知症患者になると予想されています。 不動産のオーナーの方が所有する不動産の売却資金を活用し、介護費用に当てることが可能ですが、認知症になり判断能力がなくなってしまうと、不動産の売却を行うことができなくなってしまう可能性もあるのです。

家族信託での生前対策をおすすめします。

家族信託は、信頼できる家族・親族に財産の管理権限を託し、なるべく費用を抑えた形での柔軟な財産管理と資産承継を目指す仕組みです。
生前に家族信託契約を親子で結ぶことで、家賃や売却代金を親に残したまま管理権限だけを子に託すことができるので、認知症になった場合の不動産の売却や活用ができない「塩漬け」になることを防ぐことができます。

お客様に選ばれる3つの理由

福島県内最大級。8店舗展開 相談実績13,000件の信頼と実績。

当店は、郡山、いわき、石川町、福島、会津若松、白河、南相馬、東京に1事務所、全国8事務所、約240名のスタッフが在籍するベストファームグループ。
相続手続きにはグループ全体で圧倒的な実績と知識を持っています。

 

各種国家資格者が連携してワンストップサポート。

相続手続きは、その手続によって専門家がかわってきます。私どもベストファームには司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士といった専門家が在籍し連携して、スムーズにまるごと相続手続きを対応することが可能です。

 

土日祝日も夜19時まで無料相談(※石川店は日曜休)

夜19時まで営業、土日祝日も休まず営業しており、お忙しい方へ余計な手間や煩わしさを減らし手続きを進めていけるよう日々サービスを向上させています。
経験豊富なスタッフが親切・丁寧にお悩みの内容をじっくりお伺いいたします。

 

お客様の声

女性社員の方に相談出来たので話しやすかったです。分からないことばかりでしたが、よく説明していただき理解することが出来ました。精神的に動揺している時でしたので、色々力になっていただき心強かったです。
期限のせまった時の依頼で大変だったと思いますが、業務スピードがあり、とても頼もしくありがたく感じました。
大変お世話になりありがとうございました。 自分で手続きをしようとすると、時間もお金もかかっていたはずですが、お願いして大変助かりました。

ご相談の流れ
ご予約お電話
ご来店日時決定
無料相談にご来店
お見積り
お申込み・手続き開始
手続き完了
お支払い